結婚も女遊びもせず落語一筋で生きてきた徳田爺。
だが物忘れも増え噺家として引き際を感じ始めていた。
ある日、新聞の隙間からひらりと落ちたデリヘルのチラシ…徳爺は勇気を出して電話をかける。
そして現れたのは煌びやかな身体の黒ギャル紫媛。
徳田はすぐに心を奪われ、泥沼のように紫媛にハマってしまうのだった…。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *